TOP > iPhoneアプリをJavascriptで作る

iPhoneアプリをJavascriptで作る

iPhoneアプリはアップルが用意している開発環境で作成することができますが、SwiftやObjective-Cなどアップル環境で利用が前提のプログラム言語であることが問題でした。


しかし、サードパーティ製の開発環境が整ってきたことでさまざまなプログラム言語でiPhoneアプリを作成できるようになっています。


iPhoneアプリの作成言語でもっとも注目されているのがJavascriptです。



Javascriptはwebでよく利用されている言語ですがCordovaなどのオープンソース開発環境で利用が進んできたこともあり、利用する方が増えています。

Javascriptを利用する開発では直接UIなども設計するやり方もありますが、HTML5を利用してUIを作ることが多くなっています。

HTML5はスマートフォン向けのwebサイトでは必須とも言われるほど利用が進んでおり、これまでiPhoneアプリを作ったことが無いデザイナーの方もアプリ制作に関わることが増えています。



また、アップルのデベロッパー登録は個人でも登録できることからアプリ製作者としてJavascriptを利用しているデザイナーの参入が増えています。
Javascriptを利用することでMacだけではなく、Windowsでの開発も可能となってきています。

ただし、開発し、シミュレータで動作させるまではWindowsでもできますが、アップストアへの登録はMacが必要となります。