TOP > iPhoneで動画を見る

iPhoneで動画を見る

iPhoneでは動画を見ることができますが、いくつか注意しておきたいポイントがあります。1つは動画ファイルを自由にiPhoneに入れることができない点です。



AndroidではPCやMacと直接ケーブルで繋げばUSBディスクのようにスマートフォンを利用できるのですが、iPhoneの場合はオンラインストレージかItunesを利用することになります。
また、動画については再生フォーマットがItunesに依存することもあり、Itunesで認識できない動画はファイルをコピーしても表示されないことになります。

動画は各種アプリが用意されていますが、どの動画アプリも再生できる動画フォーマットはほぼ一緒なので注意したいところです。

特にオンラインストレージを利用して動画ファイルをコピーする場合は再生フォーマットが対応しているか注意が必要です。

また、iPhoneではカメラで動画が撮影可能です。

カメラで撮影された動画ファイルは基本的に動画アプリで見ることが出来、編集も可能なアプリが多いです。



ただし、ライブフォトなどのようにiPhone独自機能で撮影されたファイルは表示できるアプリが限られていることが多いです。
動画を見る際に市販のビデオを見たい場合にはItunesで購入可能です。Itunesではレンタル、セルとそれぞれ選べますので見る頻度などで選択すればよいです。

Itunesで購入する場合はストリーミングでダウンロードしながらの表示も可能なケースが多いです。