TOP > iPhoneの液晶画面が破損してしまった時には

iPhoneの液晶画面が破損してしまった時には

iPhoneはその登場から、実に多くのファンを獲得してきたスマートフォンです。

斬新なデザインや操作性の良いUI、安定性の高い独自OSの採用など、他のスマートフォンとは一線を画す性能を持っているのが特徴です。

日本国内だけでなく、海外のおいてもiPhoneのシェアは非常に高く、新しい機種の発表には多くの人が高い関心を寄せています。iPhone6以降の機種の特徴として、液晶画面が大幅に大きくなったことが挙げられます。

これによって画面の視認性も向上しましたし、動画などを再生する時やカメラで撮影を行うという時にも利便性が格段に向上しました。しかし、画面が大型になったことで、端末自体の大きさも大きくなり、手の小さい人は操作がしにくくなったという話も聞かれます。

また、端末が薄型になったこともあり、手を滑らせてしまい、誤って落としてしまうということも多くなっています。



硬い地面に落としたり、バッグの中で硬いものが当たってしまったりして液晶画面が割れたりヒビが入ってしまうことがあります。



ヒビが入っても画面が見づらくなるだけで、操作はできるという状態もありますが、そのまま使っていると指を怪我したりヒビが更に広がって危険です。

割れてしまった液晶画面は、Appleで純正の修理を受けることも可能ですが、費用が高くかかるケースもあります。

最近はiPhone修理を専門にする業者も増えてきており、純正修理と同等の修理を格安で利用することができますので、費用の負担が大きいという時には相談してみると良いでしょう。